Menu

ダイヤモンド買取の相場をご説明

ダイヤモンドを売却したいという場合、買取金額の相場を知りたいかもしれません。どのくらいの金額で売れるのかを知っておくことにより、本当に売却しても良いのかを判断することができるでしょう。相場についてはあくまで一つの目安ですが、事前に知っておくことで安心して査定に出すことができます。金額の相場は基本的に4Cによって決まります。この4Cにはカットとカラット、カラー、クラリティという4つの項目が含まれており、もともと購入する時にはこれらの項目を重視している人も多いかもしれません。手元に鑑定書がある場合はチェックすることができますし、ホームページの買取シミュレーションを活用して相場を調べてみると良いでしょう。売却の際には専門の鑑定士が石の状況を見極め、金額を割り出すようになっています。

基本的な価格の決まり方をしっかり確認

ダイヤモンドの買取相場は4Cのグレードによって、大きく異なってきます。4つ全ての項目が優れている石は極めて珍しく、滅多に市場に出回らないものとなっています。そのため価格も上昇しやすいということです。一般的に相場が高くなりやすい石の特徴は、無色で透明度が高いものや重量が重く優れたカットを施されたものとなっています。売却の際にはブランド物かどうかも重要なポイントとなります。リングやネックレスなどはジュエリーとして扱われるため、ジュエリーとしての価値が重視されることもあります。人気ブランドのジュエリーなら特に価格が高くなるということです。ダイヤモンド売却の際には鑑定書の有無も確認しておきましょう。鑑定書は石の詳細が記載された書類であり、鑑定書がある場合はその記載事項に基づいて鑑定を行ってくれます。

大きさをチェックしておくことが大切

ダイヤモンドの買取相場をカラットごとに確認しておきましょう。もちろん相場については目安となりますし、市場動向や利用するショップによって大きな差が出てくることもあるので注意が必要です。また、ジュエリーの場合は金属の価値やデザイン性により、価格がプラスされるケースもあります。0.3カラットの石は30000~70000円程度で取引されるケースが多いです。しかし、カラーやクラリティのグレードによっても金額は変わってくるでしょう。0.5カラットの石は120000~150000円程度が相場となっています。こちらもカラーやクラリティのグレードで価格は異なり、両方のグレードが高い場合は170000円程度の価格がつくケースもあります。1カラットの石は450000~600000円程度で売れることが多いです。非常に美しい石なら800000円程度で売れることもあるでしょう。