ダイヤモンド 買取

どのようなダイヤモンドが高値で買取されるのか

金やプラチナなどの貴金属だけでなく、ダイヤモンドなどの宝石も高値で買い取ってもらうことが可能です。貴金属は溶かして再加工をすることができるので、形状や品質に関係なく重量のみで査定されます。これに対して宝石は溶かして形状を変化させたり石そのものの品質を高めることができないので、鑑定作業が行われます。加工や品質によっては、同じ重量の石でも買取価格に大きな差が生じる場合があります。使用しないジュエリーや石を買取専門店に持ち込んで売却する際は、査定の際にチェックされる項目を知っておくと良いでしょう。逆に、査定価格に対して大きな影響を及ぼさない項目もいくつか存在します。査定に影響する項目と影響しない項目の両方を理解しておけば、高額で買い取ってもらうのに役立ちます。

ダイヤモンドの査定の際にチェックされる4つの項目とは

米国宝石学会はダイヤモンドの価値を決める要素として4つの項目(重量・色・透明度・技術加工)を定めており、これは日本を含めて世界共通の基準とされています。この基準は、重量(カラット)・色(カラー)・透明度(クラリティー)・技術加工(カット)のそれぞれの頭文字を取って4Cと呼ばれます。カラー・透明度・技術加工の3項目は、専門的な知識・技術を持つ鑑定士が判別を行いますが、重量(カラット)については一般の方でも見分けることが可能です。金属のように溶かして再加工ができない宝石は、カラット数が重要です。仮に同じ品質・重量であったとしても、小さな複数の石よりも大きな1個の塊の方が高額で査定されます。石のサイズが大きければカットして形状を変えることができますし、希少性が高いという理由で高額で取引されます。

査定価格に影響を及ぼさない要素とは

宝石の買取価格に影響を及ぼさない項目があり、一般的な中古品とは扱い方が異なる部分があることも理解しておく必要があります。査定に影響を及ぼさない項目とは、鑑定書の有無・所有歴の2点です。鑑定書があれば高額で売れると思っている方が多いのですが、信用ができない場合があるので鑑定書の記述内容とは関係なく査定が実施されるケースがほとんどです。中古品は誰かに所有された事実があることで価値が低くなる場合がありますが、宝石の場合は過去の所有歴は査定価格に影響を及ぼしません。買取店で買い取られた中古ダイヤモンドは、卸商を通して新品と一緒に1次製造メーカや海外バイヤーに流通します。この時点で中古品と新品の区別が行われず、加工前の石と同じように扱われます。このため、誰かに所有されていたという事実は査定価格に影響を及ぼすことがありません。